新型コロナウイルス

新型コロナウイルスワクチンの副反応 〜妊活・妊娠中の人も注意が必要

投稿日:

2回目の接種の後の副反応は50%近くの人に出る

ワクチン熱

私も4月にファイザー社の新型コロナウイルスワクチンの2回の接種を完了しました。

1回目は当日から翌日にかけて腕の痛みがあったくらいで体調には問題ありませんでした。2回目は腕の痛みは同じくらいでしたが、翌日の午後になって、かなり体がだるくなりました。仕事中だったので熱は計りませんでしたが、おそらく熱が出ていたと思います。

だるいなと思った時にすぐにカロナール(鎮痛解熱剤)を飲んでいたので、夕方仕事が終わった頃には普通に戻っていました。

他の人の状況を見ても同じ感じで、1回目の時には次の日に休んだ人はほとんどいませんでしたが、2回目の後には高熱が出て仕事を休んだ人がかなりいました。

厚生労働省から発表されているデータも同じような感じです。

医療従事者約2万人のワクチン接種後の副反応

厚生労働省から令和3年5月26日に新しい中間報告が発表されています。

医療従事者19806人のデータです。

以下のグラフはすべて厚生労働省のホームページから引用しています。

ワクチン接種後の発熱

ワクチン発熱1

明らかに2回目の接種後の発熱が多いです。私もたぶん37.5℃以上あったと思います。若い人の方が熱が出やすくて、20歳代、30歳代の人は40%以上の人が37.5℃以上の熱を出しています。

アナフィラキシーと違って、男女に差はあまりないようです。

ワクチン発熱2

熱が出るのは2日目です。3日目には下がることが多いです。2日目には20%くらいの人が38℃以上の熱を出しています。

1回目の接種後に38℃以上の熱を出している人は1%以下です。

実際、2回目の接種の翌日に仕事を休む人が2割くらいになるようです。

ワクチン接種後の全身反応

ワクチン全身反応

頭痛や全身倦怠感などの全身反応も2日目に起きます。2回目の接種の翌日には65%くらいの人がだるさを感じでいます。

ワクチン接種部位の反応

ワクチン接種部位

注射すること自体はそれほど痛くありませんが。後から痛くなります。押すと痛いです。

ワクチンを打った腕の部分の痛みなどの症状は1回目と2回目で大きな違いはありません。痛みはしばらく続きます。

打った日と翌日は、注射した方の腕を下にして寝ると痛いので、反対を向いて寝ていました。

まとめ

2回目の接種の翌日には熱が出たり、だるくなる可能性が高いです。カロナールを飲むと楽になります。

職場でみんな同じ日に2回目の接種をすると、翌日休む人が多くなって大変です。

妊活中・妊娠中にワクチンを接種して熱が出ても特に問題はありません。カロナールは妊娠中に飲んでも大丈夫な鎮痛解熱剤と言われています。

おすすめ記事

1

妊活中のワクチンは安全か 新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が始まろうとしています。 ワクチンを打ったら妊活を休まなければならないのか? ワクチンは胎児に影響がないのか? など、妊活中の皆さんは ...

葉酸サプリ 2

世界各国で妊活・妊娠中の葉酸の摂取が勧められています。  ネットには妊娠・妊活中の葉酸サプリに関連するサイトが山のようにあります。よく調べているなと感心するサイトもありますが、明らかに間違ったことが書 ...

不妊症の検査・治療の流れ 3

妊娠→不妊症の原因→検査→治療を流れで理解しましょう  大まかな原因・検査・治療の流れです。この後の解説を読みながら、この絵を見返してみてください。  では最初に妊娠するまでの流れを理解しましょう。妊 ...

-新型コロナウイルス

Copyright© 産婦人科専門医による妊活ガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.