葉酸サプリ

葉酸サプリを飲むと自閉症の子供が増える?減る?

更新日:

葉酸サプリを飲むと自閉症が減るようです

 葉酸は神経の成長にに大事な役目をはたしていると考えらえれているので、神経管閉鎖障害以外の神経の発達への影響も気になるところです。

 神経の発達への影響に関しては、自閉症スペクトラムへの影響を調べた研究が多くあります。

 2016年5月に葉酸やビタミンB12が多すぎると自閉症の子供が増えるという発表があって、ネットでも話題になりました。

 不安時感じた人もいるかと思います。

 葉酸サプリと自閉症の関係の正しい情報を産婦人科医が解説します。

autism

自閉症スペクトラムとは

 自閉症スペクトラムというのは、高機能自閉症・早期幼児自閉症・小児自閉症・カナー型自閉症・アスペルガー症候群などの自閉症状のあるものを一連のものとしてまとめた病名です。

 もともといろいろな病名に分かれていたのですが、症状が重なるところがあったり、年齢とともに病名が変わることがあるので、ひとつの病態としてまとめられました。

「葉酸サプリは自閉症スペクトラムの子供を減らす」が今のところ多くの論文の結論です

葉酸サプリ

 多くの症例を集めたインパクトのある論文が2013年のノルウェーの論文です。

  • 葉酸サプリを飲んだ人の子供が自閉症と診断されたのが61,042人中64人(0.10%)
  • 葉酸サプリを飲んでいない人の子供が自閉症と診断されたのが24,134人中50人(0.21%)

 だったと報告しています。葉酸サプリを飲むと自閉症になる子供が少なくなると結論しています。

 2017年10月に発表された、16の論文をまとめた研究では、葉酸サプリを飲むと、飲まないのと比べて、自閉症スペクトラムの子供が生まれる可能性が23%少なくなると報告されました。

 推奨されている1日0.4mgの葉酸を妊活から妊娠中に飲むと、生まれた子供が自閉症になる可能性が低くなると考えられています。

葉酸が多すぎると子供が自閉症になる可能性が高くなるのか?

 2016年5月の学会でアメリカの研究者が、お産をした直後の採血で、

  • 葉酸の値が高かった母親の子供は、自閉症スペクトラムになる可能性が2倍になった。
  • ビタミンB12の値が高かった母親の子供は、自閉症スペクトラムになる可能性が3倍になった。
  • 両方とも高かった母親の子供は、自閉症スペクトラムになる可能性が17.6倍になった。

と発表しました。

 17.6倍はインパクトがあるので、かなりメデイアにも取り上げられたようです。

 報道を見て葉酸サプリを飲むのをやめる人がいるのが心配されたために、多くの専門家たちが意見を発表しました。

  • 学会の発表だけなので、論文にしてデータをちゃんと検証する必要がある
  • 1400人の検討なので、数が少なすぎる
  • お産直後の採血のデータしかない

などの問題点が指摘されました。

 このデータは2017年10月に論文として発表されました。

 1257人のデータを解析して、葉酸の値が高かった母親の子供は、自閉症スペクトラムになる可能性が2.5倍になり、ビタミンB12が高い場合も自閉症スペクトラムになる可能性が2.5倍になったと報告しました。

 少なくとも10倍くらいの人数のデータを集めないと、なんとも言えないと思います。

まとめ

 推奨されている1日0.4mgの葉酸サプリを飲んでいるならば心配ありません。生まれた子供が自閉症スペクトラムになる可能性は低くなると考えられます。

 今後新しいデータが出てくると思うのでまた報告します。

その後のデータ

 2018年11月に756,365人の子供たちのデータをまとめた論文が出ました。

 妊娠中に葉酸サプリを飲んでいると、生まれた子供が自閉症になる可能性が58%少なくなるという結論でした。多くの症例を集めた研究でも自閉症スペクトラムが少なくなることが確認されました。

 一方で、妊娠してから分娩まで、多量の葉酸を摂取すると、逆に自閉症スペクトラム増えたり神経の発達に悪影響がある可能性を指摘している論文もあります。

 多量の目安としては1日1000μg以上とされています。市販されている葉酸サプリは1日400μgですので、妊娠中ずっと飲んでいても影響がない可能性が高いと思われます。

妊娠中を通して飲むならプレミン16W

 妊活から妊娠初期に葉酸サプリを飲むことが勧められているのは、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するためです。

 神経管は妊娠12週までには完成するので、その後は神経管閉鎖障害を予防する必要はありません。妊娠12週になったら葉酸サプリをやめてもいいと思います。

 ほとんどの葉酸サプリに入っている葉酸は、厚生労働省も推奨しているモノグルタミン酸型葉酸と呼ばれる合成された葉酸です。食品に含まれている葉酸は、熱に弱かったり利用効率が悪いのでしたね。

 1日1000μg以上摂取すると神経の発達に悪影響があるかもしれないといわれているのは、モノグルタミン酸型葉酸です。

 3部作となったプレミンは、この辺のこともよく考えられています。

 妊活中から妊娠初期に飲むプレミンにはモノグルタミン酸型葉酸が400μg入っていますが、妊娠16週から飲むプレミン16Wでは食事性葉酸240μgに変わっています。プレミン16Wなら出産まで飲んでも心配ありません。 

おすすめ記事

葉酸サプリ 1

世界各国で妊活・妊娠中の葉酸の摂取が勧められています。  ネットには妊娠・妊活中の葉酸サプリに関連するサイトが山のようにあります。よく調べているなと感心するサイトもありますが、明らかに間違ったことが書 ...

不妊症の検査・治療の流れ 2

妊娠→不妊症の原因→検査→治療を流れで理解しましょう  大まかな原因・検査・治療の流れです。この後の解説を読みながら、この絵を見返してみてください。  では最初に妊娠するまでの流れを理解しましょう。妊 ...

ミオール 3

イノシトールが入った葉酸サプリが国内メーカーから販売されました  イノシトールは、多嚢胞性卵巣症候群の人の症状の「排卵しにくい」「男性ホルモンが高くなる」「糖尿病予備軍の体質」などを改善すると多くの論 ...

-葉酸サプリ

Copyright© 産婦人科専門医による妊活ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.