原因

多嚢胞性卵巣症候群は妊活以外にも注意が必要です【産婦人科医が解説】

更新日:

多嚢胞性卵巣症候群と生活習慣病

 以前から多嚢胞性卵巣症候群は肥満のある人が多いと言われていて、1993年にできた診断基準には肥満が入っていました。

多嚢胞性卵巣症候群診断基準1993

 欧米では肥満の合併率が高いのですが、日本ではそれほどでもなかったので(20%くらい)、2007年に改定された診断基準からは肥満がなくなりました。

多嚢胞性卵巣のエコー
多嚢胞性卵巣症候群は妊娠できるけど注意が必要

多嚢胞性卵巣症候群といわれたら  「妊活を始めたけれど、生理不順でうまくタイミングが合わせられない」  そんな時、産婦人科を受診すると、 先生から「多嚢胞性卵巣症候群なので排卵がうまくいかないようです ...

 この記事で多嚢胞性卵巣症候群は体質みたいなものと書きましたが、この体質の人は将来生活習慣病になるリスクがあると考えられています。

 今回は多嚢胞性卵巣症候群と生活習慣病の関係について解説します。

糖尿病予備軍

 多嚢胞性卵巣症候群の人は血糖や尿糖に異常がなくても、精密検査をすると3割くらいが耐糖能異常(インスリン抵抗性)という糖尿病予備軍であると言われています。この割合は報告によって大きく違っていて50%以上に耐糖能異常があるという報告もあります。

耐糖能異常(インスリン抵抗性)

 血糖を下げる役目をはたしているインスリンに対する反応が悪くて、糖分を食べた時に血糖が下がりにくくなっている状況のことです。

 

耐糖能異常の場合の排卵誘発

 耐糖能異常があることが多嚢胞性卵巣症候群の原因のひとつとなっていると考えられるので、耐糖能異常に対する治療をすると多嚢胞性卵巣症候群の体質が改善して排卵しやすくなると考えられています。

 耐糖能異常をよくする薬とはすなわち糖尿病の薬です。メトホルミンという薬が使われます。

メトホルミンを使うのは

 多嚢胞性卵巣症候群でクロミッドを使っても排卵しない人で、肥満もしくは耐糖能検査で異常があった場合にメトホルミンを飲みながらクロミッドで排卵誘発する方法を試してみます。

 メトホルミンは妊娠するまで毎日飲み続けるのが基本です。

メトホルミンで排卵するようになるか

 クロミッドで排卵しなかった人でも、メトホルミンを飲みながらクロミッドを使うと50%以上の人が排卵するという報告が多くあります。

メトホルミンを内服する時に注意すること

副作用として吐き気、下痢、腹痛などが4%くらいにあります。副作用があったらすぐ受診して相談してください。
メトホルミンは排卵誘発の目的では保険適応になっていないので、そのことを十分理解しておく必要がありますし、費用は自費になります(1日30円くらいです)。

妊活中
メトホルミンを飲んでて妊娠したら赤ちゃんに影響はないのですか?

産婦人科医
メトホルミンを飲んでいても赤ちゃんに異常が起きる確率は高くならないというデーターがあるので心配いりません。妊娠がわかったらメトホルミンは終了します。

メトホルミン以外にも

 多嚢胞性卵巣症候群の人がイノシトール(ミオイノシトール)を飲むと、空腹時のインスリンの濃度が低くなるなどの、耐糖能異常の改善が認められるという論文が続けて出たため、イノシトールが注目されています。

ミオール
【ミオール】多嚢胞性卵巣症候群の人が妊娠しやすくなると多くの論文で報告されているイノシトールが入った葉酸サプリです【産婦人科医が解説】

イノシトールが入った葉酸サプリが国内メーカーから販売されました  イノシトールは、多嚢胞性卵巣症候群の人の症状の「排卵しにくい」「男性ホルモンが高くなる」「糖尿病予備軍の体質」などを改善すると多くの論 ...

多嚢胞性卵巣症候群の人は糖尿病予備軍なのか

 多嚢胞性卵巣症候群の場合、肥満がある人が多い(20%くらい)ので、当然将来糖尿病になる人の率が高くなることになります。だたし、肥満率は20%くらいとすると、上に書いたように耐糖能異常の人は30%以上なので、肥満でなくても糖尿病予備軍の人がいるということになります。

 実際に、多嚢胞性卵巣症候群の人はそうでない人と比べて、将来糖尿病になる可能性が3~10倍だという報告があります。

 また、妊娠糖尿病といって妊娠している間に糖尿病を発症する人がいるのですが、多嚢胞性卵巣症候群の人はそうでない人と比べて2倍妊娠糖尿病になりやすいというデーターがあります。

糖尿病になるのを予防する方法は

 多嚢胞性卵巣症候群で耐糖能に異常がある人は将来糖尿病になる可能性が高いのであれば、そうなる前に予防したいと思いますよね。メトホルミンなどの薬を飲み続けると将来糖尿病になるのを予防できるのかということは、ちゃんとしたデーターがないのでわかっていません。現時点では薬を使って予防するというのは通常行われていません。

 食事・運動などのライフスタイルの改善が大事だと考えられます。

糖尿病以外の生活習慣病

高血圧

 多嚢胞性卵巣症候群の人はそうでない人と比べて将来高血圧になる可能性が2~10倍高いといわれています。

コレステロール

  多嚢胞性卵巣症候群の人はそうでない人と比べて将来コレステロールが高くなる可能性が1.5倍くらい高いといわれています。

まとめ

 糖尿病、高血圧、高コレステロールなどの生活習慣病は将来の動脈硬化→脳卒中・心筋梗塞というおそろしい病気の原因となります。食事や運動などのライフスタイルの改善を心がけましょう。

この記事ででてきたいろいろな可能性の数字は報告により違いが大きいものもあります。肥満がある場合には当然生活習慣病のリスクが高くなりますが、肥満がない多嚢胞性卵巣症候群の場合どのくらいリスクが高くなるかはまだはっきりわかっていません。

 

 

おすすめ記事

葉酸サプリ 1

世界各国で妊活・妊娠中の葉酸の摂取が勧められています。  ネットには妊娠・妊活中の葉酸サプリに関連するサイトが山のようにあります。よく調べているなと感心するサイトもありますが、明らかに間違ったことが書 ...

不妊症の検査・治療の流れ 2

妊娠→不妊症の原因→検査→治療を流れで理解しましょう  大まかな原因・検査・治療の流れです。この後の解説を読みながら、この絵を見返してみてください。  では最初に妊娠するまでの流れを理解しましょう。妊 ...

ミオール 3

イノシトールが入った葉酸サプリが国内メーカーから販売されました  イノシトールは、多嚢胞性卵巣症候群の人の症状の「排卵しにくい」「男性ホルモンが高くなる」「糖尿病予備軍の体質」などを改善すると多くの論 ...

-原因

Copyright© 産婦人科専門医による妊活ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.